米国見聞録

旅行・留学・仕事を通じたアメリカ滞在の記録です。番外編で韓国見聞録があります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1、横断旅行・サンディエゴ語学留学編(1990)

サンディエゴで語学留学

 1990年2月。当時,私は関西大学の3回生だった。友人の間でアメリカ旅行一人旅が流行っており、私もアメリカ横断に出かけた。当時は、ブッシュ・パパの時代で、日米の交流も盛んだったが、私の英語は未熟だったし、アメリカは銃の危険もあるので、冒険に近い旅だった。旅行の直前まで、大阪の伊丹空港で、航空貨物の荷卸のアルバイトをした。このバイトは体力的にキツイ仕事だったが、時給が良く半年で約50万円ほど貯まった。また、腕の力こぶは大きくなった。アメリカは、マッチョが信奉されている国である。また、治安上、旅行中に何があるかも分からない。体を鍛えておくことが必要だった。ちなみに私は、大阪府立箕面高校で少林寺拳法部に所属し、初段を取得いていた。

 旅の前に、大阪の池田市のアップル英会話学校に通って、イギリス人女性とアメリカ人男性から英語会話を習った。この学校は、他の英会話学校と比べて、格段に授業料が安かった。授業の内容も充実しており、寒い冬の中をスクーターで約5キロを走っ通った。女性の英語教師は、彼女は、地下鉄でスーツを着たサラリーマンがスポーツ新聞のHな欄を読んでいるのが、信じられないと言っていた。なぜと聞かれたが、うまく答えられなかった。

 また、男性教師は元パイロットで、ロサンゼルスの出身だった。私が、アメリカの旅行を計画していると、ロスの治安の悪い場所などについて教えてくれ、さらに、実家の住所まで教えてくれて、もし、近くまで行くなら訪ねたらいいよと、フレンドリーだった。

 コリアン・エアーに往復9万円の格安航空券で搭乗した。ソウル経由だった。ロサンゼルスのパスポート・コントロールを通過し、ゲートを出た待合広場には、南カリフォルニアの明るいサンシャインが差し込んでいた。広場には、体格の良い、髪が黒く肌の浅黒いヒスパニック系の人々が、派手なアロハのシャツや、革ジャンを着て、大声で話し合っている。失礼ながら、まるで、野獣の群れだ。エネルギーが渦巻いている。

 ハリウッド映画や刑事ドラマに出てくるドラッグディーラー達といった感じで、圧倒された。当時、私が見ていた特捜刑事マイアミ・バイスや刑事ハンターの世界である。ヒスパニック系の人たちの他には、黒人やアジア系の人が多く、白人の姿はあまり見られない。これが、カリフォルニア南部だった。多分、大学生だと思われる日本人が、両替をしている。彼の動作は機敏だった。隙を見せない動きを、アピールしているように見えた。



 私も、ついにアメリカに来た。2週間ほど、サンディエゴで、語学留学し、その後、アメリカ大陸を横断する予定だ。再び、ロサンゼルスからホームステイ先のサンディエゴに飛行機で移動した。

San Diego Travel Video









 
 ホームステイを体験


 サンディエゴ国際空港から、指定されたアムトラックの駅へ。しかし、約束していたはずの語学学校からの出迎えが来ていなかった。外は、夕暮れに包まれて寂しくなってきている。私は、だんだん、不安になってきた。そこで、ホームステイ先に直接電話をかけて、車で迎えに来てもらった。なんとか、英語が通じた。彼女は、学校からの迎えが来なかったことを詫びながら、まず、夕食にマクドナルドに連れて行ってくれた。

 私は、ここでハンバーガーとフライドポテトを食べた。動物というのは、腹が満たされると落ち着くものだ。ホースステイ・マザーは、ステイする学生のポイントを良く押さえていたと思う。彼女が運転する車は、ニッサンの古い車で、助手席の足元には、10円玉ほど穴が開いた。車は、ハイウェイを走っているので、アスファルトの地面が流れて見える。彼女は、エンジンは整備しているから大丈夫だと言っていた。

 到着した郊外の家は、立派なものだった。ご主人は、アメリカ海軍に所属し、ハワイの基地に単身赴任していた。写真を見せてもらったが、やはり体格が良く、髪の毛を短く刈り込んでいる。精悍な顔つきをしていた。サンディエゴにはアメリカ海軍の基地があり、その家族が多く住んでいるのだった。
 
 この家庭には、先にホームステイしている日本人がいた。彼は、海軍のオヤジさんが帰宅した際に、息子のジョニーとともに冬の朝のプールを泳がされていた。このオヤジは、運よく私の滞在中にサンディエゴに戻ってこなかった。戻ってくれば、私も冬のプールを泳がざるを得なかっただろう。そのオヤジと私も一度、電話で話したが、偉そうぶった様子はなく、逆に腰が低い。私も最上級の丁寧英語で対応したが、彼も「私も、あなたと話ができて光栄です」などと、丁寧な言葉遣いだったのが印象的だった。

 また、この家庭には、カナダ人の大工さんも、部屋を借りて一緒に住んでいた。私は、この家にホームステイして、サンディエゴ大学付属の語学学校に約2週間ほど通った。クラスの生徒が世界各国から集まっているのは、国際的で興奮した。先生の英語は聞き取りやすく、理解は進んだ。また、学校からの夜のツアーで、国境の街、メキシコのティワナへ行った。サンディエゴは、メキシコに国境に面しているので、すぐに行ける。暗くてよく見えなかったのだが、やはり貧困の町としての雰囲気は伝わってきた。

 一方で、ラ・ホヤという海の綺麗な観光地にも学校のツアーで行った。青い海に白いカモメがたくさん飛んでおり、なんとも景色の良い場所だった。ツアーの帰りに、バンの中で80年代後半にヒットしたTOTOのバラード曲、"I will be over you"が流れて、街のイメージと良くマッチしていた。80年代にTotoにどっぷり浸かっていた私にとって、南カリフォルニアは、憧れの街だった。

 
San diego down town.com(日本語)http://www.sandiegotown.com/

 


 




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiroshik1967.blog73.fc2.com/tb.php/35-0aa29d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。